二月の勝者 5巻のあらすじネタバレ

漫画 二月の勝者

全然知らない中学受験について知ろうと思い、読んだ漫画。すごくよかったです。

『二月の勝者』5巻の見どころとネタバレを書いていきます。受験情報つきです♪

『二月の勝者』5巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者5巻の無料試し読みはこちら

七月の本気

黒木は佐倉に「ジャイアントキリングの可能性は3人」と言う。また「『まさかの失速』に陥る者も」とも。

真ん中のAクラスで行う「Ω選抜テスト」を、来週月曜日にすると発表。結果は「夏期合宿」のクラス分けの時に発表。

黒木の裏を疑う橘先生に「昨日、駅の裏の方でなんか面白いものでも見れた?」と聞かれる佐倉。
しかし、昨日の黒木のできごとは言わない方がいいと思い、見ていないと嘘をつく。

Aクラスに選抜テスト伝えた翌日

Aクラスの自習参加率が100%に。みんなの雰囲気が変わり、Ω選抜がAクラスのモチベーションにつながったことがわかる。

一方、一番下のRクラスは二人しか自習に来ておらず、何人か上の個別塾の体験授業を受けている様子。

石田 王羅(いしだ おうら)

Rクラスで最下位の男の子。偏差値38。ゲーム好きのマイペース。
お母さんが下の鍼灸院で働いている。

石田王羅はめずらしく自習室に来たが、ふざけて先生に怒られる。

王羅がめずらしく自習室に来た翌日

石田王羅がまた自習室に来たが、スマホゲームをして勉強中の生徒から、勉強のじゃまをするなとキレられる。

七月の孤立

「なんで勉強しないくせに塾なんか来てんの…?」
と言われた石田王羅は、「さあ……」と答えてマイペース。

自習室に出禁になった王羅と、巻き込まれた武田勇人

王羅が自習室を出禁になった翌日

王羅は家でおばあちゃんと二人で朝ごはんを食べており、昼食と夕食分として千円を渡される。下で、鍼灸院で働くお母さんに会い、「ちゃんと勉強すんのよー!」と声を掛けられる。

王羅は昨日の自習室の様子を思い出し、塾に行きづらく寄り道することに。

桜花ゼミナールに着いた王羅は、ドブにはまってえらいことになっていた。

女子たちは文句を言い、屋上で講師たちに服を洗濯をしてもらう王羅。ネズミを追いかけてドブにはまったと言う。

橘先生は
「お前、そもそも中学受験どうしたいの?」
と聞くと、
「別にどこでも…てか ほんとは遊びたい。」
と王羅は答える。
橘先生はそんな気持ちに理解しつつ、
「とにかく今は『読み・書き・そろばん』だけでもいいからやっとけ。どの道に進むにもきっとプラスになるから。」
と優しい言葉をかける。

佐倉は橘先生に
「なぜ問題児の彼に橘先生は優しいのか?」
と聞くと、橘先生は笑って
「だってあいつ毎日 塾に来てるじゃん。」
と答える。そもそも毎日小学生が塾に来て座っていることがすごいことなのだと、佐倉は目から鱗だった。

王羅の騒動後、教室で

黒木は、王羅がドブにはまってしまって塾に来た騒動を耳にする。

講師たちに、「私の独断で石田王羅さんの『今後の方針』を決めました。」と言う黒木。
王羅の保護者面談をするそうだ。

七月の現実

王羅の『今後の方針』は、授業が始まるため黒木は明言しなかった。佐倉は見当がつかない。

お昼ご飯の時間になり、コンビニ弁当を食べる王羅。おばあちゃんは弁当作るのしんどく、お母さんは店で忙しいのだ。

王羅のお母さんが面談が終わったようで出てきて、黒木と挨拶をしている。

面談の結果、王羅は桜花ゼミナールを退塾することになった。しかし受験は辞めず、上の個別塾に入ることに。

それを聞いて、橘先生は怒り、黒木に
「生徒を売ってマージンとってるのでは?」
と詰め寄る。

佐倉は石田くんは中学受験に向いていないのに、倍の料金の個別塾に入って、受験する必要があるのかわからず黒木に尋ねる。
「ビジネスを抜きにして、向いていない子は『普通の小学生の生活』に戻してあげたほうがいいのでは?」
という問いに、黒木は明日の昼休み、佐倉に見せると言う。

次の日の昼休み

佐倉が言う『普通の小学生』という言葉に引っかかった黒木は、小学生の集まる公園に行く。そこには、子供たちが集まってゲームをしていた。
公園内には、

  • ボール遊びをしないでください
  • 大きな声で話さないでください

などの注意書きが。

次にトレーディングカードを扱う店に向かう。夏休みの小学生で店内はいっぱいだった。レアカードを引き当て、持っていると、仲間に威張れるらしい。スーパーのお菓子売り場にもカードは売っている。レアカードを引き当てるには、箱買いをするのが早い。ゲームやスマホのソシャゲでも課金がいるし、小学生が放課後の居場所を得るにはカネ次第というわけだ。

八月の解答

石田王羅は以前、模試の算数の問題のうち半分を捨てさせて挑んだのに点数が変わらなかった。その理由を佐倉はまだわからない。

昼休みから戻り、桜花ゼミナールにて

カードゲームを見ながら考える佐倉。
石田王羅とお母さんが個別塾のほうに来てた、と桂先生に聞き、慌てて向かう佐倉はエレベーターで王羅のお母さんに会った。二人でお茶をすることに。

佐倉は、勉強に向かない王羅が中学受験を目指したきっかけをお母さんに尋ねる。

石田王羅が中学受験を目指したきっかけ

王羅は母子家庭だった。保育園で小学生からも学童に預けていたが、学童は3年生までである。4年生からおばあちゃんに任せるつもりが、公園で友達とカードゲームをするように。しかし、弱いカードだと仲間に入れてもらえない。おばあちゃんからもらったご飯代をカードに費やすようになった。そこでレアカードが出たが、友達に騙されて交換させられてしまう。「返して」と言いに行ったが、「ダメ!そういうこと言うやつなんて仲間に入れてやらない」と言われる。コンビニで肉まんを買って寂しく食べる王羅。

ついに、カードを買うためおばあちゃんの財布からお金を抜き取ろうとするところをお母さんに見られて、激怒される。

「すごいカードを持ってれば、威張れるし仲間はずれにだってされない!」
と泣く王羅。お母さんはそこで初めて、仲間に入るために強いカードが欲しい王羅の気持ちを知ったのだ。

お友達や娯楽ともうまく距離感をつかめない王羅。結局、進学塾が一番拘束時間が長いので入れることになったと話すお母さん。

佐倉は王羅が桜花を自分の居場所を思っていたことに気づく。

王羅のお母さんとお茶から戻り、桜花ゼミナールにて

武田勇人が王羅から、餞別にと「最終兵器」の鉛筆をもらったと言う。鉛筆は「アイウ…」「123…」「ABC…」などと書かれていた。

そこでやっと気づいた佐倉。王羅は鉛筆コロコロで、選択問題を適当に埋めていたのだ。

黒木は見抜いていた。
「『中学受験をしよう』と決めた家庭にはいろんな事情があり、その生徒がいかに幼く勉強に向いていないからといって、『塾に通わない』理由にはならない。」
と言い切る。

塾からの帰りに夏祭りにて

自分の不甲斐なさに涙ぐむ佐倉。塾の帰りにお祭りがやっていたので、りんご飴を買う。

「落ち込むとスイーツを一口で食べる」ストレス発散法をしようとする瞬間、フェニックスのイケメン講師灰谷さんに見られる。

「自分がもっとしっかりしていれば、もう少しどうにかできたんじゃないかと後悔で。」
と悩みを話す佐倉に灰谷は、
「いや違う、黒木先生は個別塾に回すつもりで、佐倉先生に教えず解決させなかっただけでは?」
と言う。

八月の暴露

「やっぱり黒木さんは、子どもを裏切り食い物にする非道い講師です…!」
と言う灰谷。それでも否定する佐倉に、
「あの人を信用してはダメだ、生徒の指導など『金儲けの手段』としか思ってない」
と言う。

独立・起業したほうが黒木の場合、稼げる可能性があり、フェニックス時代から塾講師以外の活動をしていたことを話す。黒木先生は明らかに桜花の仕事以外に何かをしていると、思い当たる佐倉。

一年前フェニックスで

フェニックスで灰谷と黒木が同じ職場だったときの一年前の話。灰谷は、最近質問教室に質問を持ってこない5人の保護者に「遠慮して質問できないのかな」と電話をかけようとする。
そのリストを黒木が見ると、5人のうち3人がサミット入りがかかっていた。「私から声がけする」と黒木がリストを預かる。

その後、サミット入りのかかっていた3人が、質問教室の利用がないまま突然サミット入り。漏れた保護者からの情報によると、黒木先生が高額の個人授業を内密に請け負っていたという。

灰谷は黒木に強い怒りを持っている。

八月の期限

黒木がくしで髪をとかす途中、ズキンと頭に痛みが走る。

6年生の保護者向けに、夏期合宿のガイダンスが行われる。5泊6日60時間超の学習時間である。
黒木は開口1番に、
「夏休み明けの模試で第一志望との偏差値の乖離が15ポイント以上なら、その時点でその学校を諦めてください!」
と伝える。タイムリミットがあり、目標に届く可能性があるのは夏の終わりまでなのだ。6ヶ月後に受験がやってくる。

「勉強のことに関してはあなたに任せているからね」と子どもに声をかけることで、受験を自分ごとにさせるといい。

明日はΩクラスの選抜テストである。

八月の相談

上杉海斗が自習室で勉強をしていると、島津順が来て、バカにしつつも問題を教えてあげる。

話を聞いて、不安になったサッカー少年三浦佑星の両親が相談に来る。
12歳のもろいメンタルを支えるお守りのような「安全校」を探すことを黒木はおすすめする。

受験パターンは何通りもある。

佑星の両親は受験まで時間もなく、親の作戦が必要で責任重大なことに気付き、みんなで頑張ることを決意。

八月の昇格

Ωクラスの選抜テストが始まった。三浦佑星は難関校を目標にする志向がないのでテストを辞退。

4日後に合宿が始まる。合宿はいろんな校舎のいろんな実力の子が一堂に会す。

Ω選抜テストの結果、上杉海斗と柴田まるみがΩクラスに入ることに。

二人が伸びた原因は、まるみは受験が自分ごとになって、自学の内容が自律的になったこと。海斗は、島津くんと友情が芽生えて、競い合う人物の存在。また「自己評価の低さ」をリセットしたことにある。

黒木は、今回Ωクラスには上がれなかったが、国語以外では全て基準をクリアした電車好きの加藤匠に興味を抱いている。

八月の伏兵

合宿ではいろいろな校舎から集まった先生たちもいる。

柴田まるみは、理社を遊び感覚で覚え、算数の難問を鼻歌まじりで楽しく解く天才的な直江樹理が同じ「JG=女子学院」を目指していることを知り、ショックを受ける。

謎の一軒家にて

黒木は謎の一軒家で、散乱された食器を見て、「すまない。俺のせいだ」とつぶやく。

八月のバトル

合宿4日目に、校舎対抗計算バトル大会が行われる。

校舎別にチームワークの盛り上がりを見せる。

御茶ノ水校の織田未来くんは年間平均偏差値が72のトップであり、島津順は負けてしまう。次の模試で抜いてやると悔しく思う順。

『二月の勝者』5巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者5巻の無料試し読みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました