二月の勝者 3巻のあらすじネタバレ

漫画 二月の勝者

全然知らない中学受験について知ろうと思い、読んだ漫画。すごくよかったです。

『二月の勝者』3巻の見どころとネタバレを書いていきます。受験情報つきです♪

『二月の勝者』3巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者3巻の無料試し読みはこちら

三月の作戦

Rクラス偏差値40を50に上げる方法として、まず、模試の過去問を解かせるよう黒木は指示する。
結果は解けずスッカスカで、ケアレスミスも多かった。

四月の成果

出典:『二月の勝者』3巻

次に、偏差値30台の4人に後半半分の問題はやらないように、再度過去問を解かせる。
結果は4人中3人が10点以上アップで、偏差値が5ポイントもアップ基本問題をおろそかにしないことの重大さを体感することに。(※これは偏差値50まで有効)

しかし、石田王羅(おうら)くんは一人逆に点数が下がった。なぜ王羅は下がったのか探るのが佐倉先生の宿題に。

浅井 紫(あさい ゆかり)

一番下のRクラス

佐倉は、から「将来の夢」の作文に何を書いたらいいのか質問される。夢に昔書いていた「花屋さん」と書くと困ると言われたそうだ。

五月の夢

佐倉はみんなのリサーチのため、女子生徒たちとご飯を食べることに。メンバーは、同じRクラス今川理衣沙(りいさ)と浅井紫(ゆかり)と、山本佳苗。志望校の話になり、「あそこの制服がかわいいから」など各自色々言っていた。佐倉はみんな模試の判定で提出してる学校名と違うことに気づく。

志望校は親の希望か子どもの希望か?

五月の回顧

佐倉は、塾講師の人たちに「夢はなんだったか」インタビューする。

黒木は「子どもは裏切ります。言うことを真に受けてはいけません。」と言う。

塾の後、ファミレスで

桂先生と佐倉がファミレスでお茶していると、イケメンでフェニックス講師の灰谷と会う。ファミレスで過去問を解いていた。教育熱心さに感心する。

佐倉のおばあちゃんの住む山梨へ

休みをとって、あまり調子がよくないおばあちゃんの住む山梨に行く佐倉。山梨も塾だらけになっていた。

五月の嘘

佐倉のおばあちゃんは小学校の元教師で、生徒が何人か遊びに来ていた。親戚の幼稚園児も小学校受験をすると聞く。

おばあちゃんに会った佐倉は「学校の『先生』になったんだってねえ」とおばあちゃんに喜んで言われ、学校の先生ではなく、塾の先生とは言えなかった。

五月の出会い

前日の親戚との会話から、教育にいいと山梨の県立科学館に行くことに。親戚たちとはぐれた佐倉は、偶然イケメンでフェニックス講師の灰谷と会う。宇宙マニアで来たらしい。宇宙の話は楽しそうにしていたが、黒木先生とは元同僚なので、黒木先生の話をしていると急に
「あの人は、平気で子どもを裏切る人間です。」
と表情を変えて言う。

「黒木先生のことで何か困ったことがあったら連絡を。」
と言って佐倉に名刺を渡し、去った。

五月の回答

出典:『二月の勝者』3巻

桜花ゼミナールの社長、白柳 徳道(しろやなぎ とくみち)と黒木は旧知の中のようで、何か会話をしている。

白柳 徳道(しろやなぎ とくみち)

桜花ゼミナールの社長。60歳。ズバッとした豪快な感じ。
黒木のことをよく知っているよう。

佐倉は桂先生に、山梨でフェニックスの灰谷先生と偶然会い、「トップ中学を目指すべき」と言われたことを相談する。私立校で偏差値以外にいいところをチェックするよう、アドバイスを受ける。

色々調べたりして佐倉は、前に「将来の夢に花屋さんって書いたらどうして困るのか」と聞かれた浅井紫(ゆかり)に、「園芸」授業のある学校を見つけ、嬉しそうに提案するも、紫に「テキトーな夢だから」と軽くかわされ唖然とする。

謎の家にて

黒木は、閉ざされたドアの前で、
「のんびり待つから。君が答えを出すまで、いつまでも。」
と誰かの返事を待っている。

六月の成長

六月中旬、保護者面談期間
塾側から生徒別におすすめの学校リストを作る。佐倉は、偏差値の高い学校より、子ども本人に合いそうな学校を薦めていきたい考え。

六月下旬、クラス入れ替えあり。

RからAクラスにアップした2名

  • サッカー少年 三浦佑星
  • 鉄道大好き 加藤匠

七月の衝突

桜花ゼミナールの社長、白柳 徳道(しろやなぎ とくみち)と黒木は電話で会話をしている。
「吉祥寺校は桜花の『治外法権』だから」
と言い、黒木の好きなように人事するように伝える。

夏期講習のはじまり

七月。夏休みと同時に夏期講習が始まる。

偏差値55までは上がりやすいが、55から60はかなり難しい

真ん中のAクラス担当、橘先生は5年生の時のテキストで基礎固めを提案。しかし、それは毎年保護者から大丈夫かとクレームが入る。
そのクレーム防止対策として、5年生のテキストから出題のテストを行い、Aクラス上位3名を最上位Ωクラスに加入させるエサを黒木が提案。橘先生は生徒に「負荷がかかる」と反対するも、「保護者を黙らせることの方が先」と言う。

さらに反対する橘先生に、黒木は「私はパワハラなどしたくないんですよ…」と言い、人事権をチラつかせ抑制する。

AクラスのΩクラス選抜テスト

Aクラスのみんなに、Ω選抜テストのお知らせが配られ、生徒はそれぞれ思いを抱く。
先日のクラス分けで、AからRクラスに落ちた大内礼央は受ける資格がないのでチャンスを逃し、礼央のお母さんはクラス落ちしたのは橘先生の指導力のせいにする。

七月の問答

夏期講習が始まる。受験生は13:30〜20:30と7時間塾で過ごす

天王山(てんのうざん)とは・・・京都にある山で、1582年羽柴秀吉が明智光秀を破った「山崎の戦い」の舞台。
それにちなんで、「勝敗の分かれ目になる大事な機会」という意味に。

入学試験のテスト問題は七月〜八月に作られることが多いので、ニュースなどをチェックしておくといい。

夏期講習は学力を上げる最後のチャンス。しっかり基礎を積み上げれば偏差値58までは引き上げられると、Aクラスのみんなに黒木は伝える。

黒木は佐倉に、
「もっとすごい偏差値58に壁を破る『下克上』しそうな生徒が一人いる」
と伝える。佐倉は誰かわからない。

ジャイアントキリングとは・・・スポーツの試合などで明らかに格上の相手から(大方の予想を覆して)勝利をもぎ取る、いわゆる「大番狂わせ」を意味する表現。

『二月の勝者』3巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者3巻の無料試し読みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました