二月の勝者 1巻のあらすじネタバレ

漫画 二月の勝者

全然知らない中学受験について知ろうと思い、読んだ漫画。すごくよかったです。

『二月の勝者』1巻の見どころとネタバレを書いていきます。受験情報つきです♪

『二月の勝者』1巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者1巻の無料試し読みはこちら

二月の挑戦

二月一日は東京受験初日。
前日の吉祥寺にある中学受験塾『桜花ゼミナール』に就職した女性、佐倉 麻衣が主人公。

出典:『二月の勝者』3巻
佐倉 麻衣(さくら まい)

中学受験はしておらず中高公立。高校と大学は受験。
学生時、高校受験生の家庭教師バイトをしていた。

空手をしており、子どもを指導した時にやりがいを感じ、新卒で『桜花ゼミナール』に就職した。
現在研修中で、来月より先生に。ストレス発散法は、スイーツを一口で食べること。

中学受験生のうち、第一志望に受からないのは7割

都内で中学受験をする児童は4人に1人

御三家とは東大合格者を多数輩出する中高一貫私立3校を指すが、定説はさまざま

  • 中学男子校御三家は、開成・麻布・武蔵
  • 中学女子校御三家は、桜蔭・女子学院・雙葉

と一般的に言われている。

トップ校に受かる人数はおよそ受験生の1割。

トップ校の合格者の約6割が『桜花ゼミナール』の近くの『フェニックス小学部』の生徒であった。

  • 『桜花ゼミナール』  …その子に合った指導でその子に合った学校を
  • 『フェニックス小学部』…一部の出来のいい子中心で下はバッサリ

『桜花ゼミナール』も御三家合格の実績は出さないといけない。講師たちはトップの森さん松村くんに期待を寄せるが、森さん松村くんは体調を崩して失敗してしまう。

塾講師たちは、手分けして受験生のもとへ応援に行く。佐倉は先日塾で必死な様子で質問を受けた、まだ全敗の木下くんの応援に行くことに。

木下くんの本命受験日

朝、佐倉は気持ちがはやって木下くんの応援に早く到着。雪で電車のダイヤに乱れがでて、一人で応援に向かうことに。
校門前にはすでに、頭に雪が積もっているフェニックスの腕章をつけた男の人がいた。
同じ応援の講師だと思い、佐倉は話しかけたが無視される。

その後、木下くんが到着するが、かなり焦った様子で理科の質問をし、佐倉は答えられない。

そこに、先ほどのフェニックス男性講師がスラスラ答え、「大丈夫だ」と木下くんを落ち着かせる。佐倉は無力。

受験シーズン終了して、四月

木下くんはその後、無事合格
正式に講師になった佐倉が『桜花ゼミナール』吉祥寺校に出社すると、合格実績の悪かった校長が飛ばされており、代わりに来た校長が、なんと先日会ったフェニックスの男性講師黒木だった。

出典:『二月の勝者』1巻
黒木 蔵人(くろき くろうど)

フェニックス』を辞め、『桜花ゼミナール』吉祥寺校に新校長として来た。
普段は若者っぽいが、授業中は髪を整えて、スーツでビシッとしている。近眼。

佐倉はオープンテストの試験監督で向かう途中、黒木と会話する。
先日の受験時「雪の中傘もささず応援すごい」と黒木の熱意を褒めると、「仕事だから」とドライに答え、「オープンテストは『新規顧客』獲得のチャンス、金脈を獲りに行く」と言う。

6年生の1年間の塾代は、平均150万円

二月の初陣

「君達全員を第一志望校に合格させるためにやって来た、黒木蔵人です。」

と黒木は子どもたちに挨拶。子どもたちを論理的に言いくるめ、新6年生の第一回目のテストが始まる。
答案は全然埋まっていないが、今の時期はこんなものらしい。

黒木は親を「スポンサー」と呼び、新規塾生を「金脈」と呼ぶ。佐倉は反論もできない。

二月の決断

模試結果の親面談

三浦 佑星(みうら ゆうせい)

偏差値40。サッカー好きで、お父さんが少年サッカーのコーチである。
お母さんが受験希望。本人もそんなに受験やる気なし。

「凡人こそ中学受験をすべき」と黒木は三浦 佑星の親御さんに伝え、佑星とリフティング対決。
黒木はサッカー経験者と判明。黒木に言いくるめられた佑星の父は、怒って帰る。

三浦佑星の家にて

佑星の父は、プロサッカー選手になるのは夢で現実的ではないことを受け入れ始める。佑星の母はすかさず、サッカーに力を入れた学校を紹介。高校から入ろうと思うと偏差値15も上がることもプッシュ。

佑星もまたテスト時、
「粘って頑張った経験のある子は、受験でも強い」
と黒木から言われたことがすごく嬉しく、やる気になっていた。

二月の事情

東京・神奈川以外の地域は入試一月。東京はほとんど二月一日に試験。
二月四日には試験ほぼ終了。

謎の一軒家にて

黒木は誰かのおばあちゃんの家でくつろいでいる。
「今日はうちの孫がごめんなさいね。」とおばあちゃんは言うが、孫は不明。

桜花ゼミナール吉祥寺校

桜花ゼミナール吉祥寺校には、

  1. Ω(オメガ)クラス
  2. Aクラス
  3. Rクラス

のレベル別に3クラスあり、Ω(オメガ)クラスがトップ。成績で席まで決まる

佐倉は新小学6年生Rクラスの算数の担当に。やる気を出すが、生徒はあまりやる気ない。
黒木からは「『Rクラスはお客さん』だから気合入れるな。」と言われる。塾に楽しく通ってくれさえすればいいという意味であった。

三月の共感者

高校募集をやめた学校多く、御三家も高校から入れるのは開成の1校のみ。
公立の中高一貫校は首都圏に22校。

加藤 匠(かとう たくみ)

Rクラスでメガネをかけた男の子。いつも窓を見てボーッとしている。

佐倉は授業中もボーッとしている加藤 匠(たくみ)が気になるが、また黒木からは「Rというお客さんに一生懸命になるな」と言われる。佐倉は反発して、子どもたちにこまめに声をかける。

三月の撤退

加藤 匠のお母さんから、「匠が塾に行きたがらない」と連絡が入る。
佐倉先生が声をかけることで、周りの生徒からえこひいきに見られ、やっかみを受けていたのだ。

担当から外された佐倉は、匠の席で時刻表の落書きを発見、匠は鉄道好きなのだと知る。

「好きなことを我慢してまで、向いてないこと辛いことを続ける必要ってあるのか?」
と尋ねる佐倉に黒木は、
「他に好きなことがある子ほど、受験をやめなくていい」
と不敵な笑みを浮かべる。

三月の進退

出典:『二月の勝者』1巻

辞めると塾に来た加藤匠くんとお母さん

「塾を辞めたい」と言う匠とお母さんに、黒木は「鉄研」のある中学校のパンフを見せ、男子校をすすめる。匠は電車通学にも乗り気で、テンションが上がる。
それでもなお、匠のお母さんは中学受験を止めようとするが、黒木がお母さんの苦労を労り、受験コース継続に到る。

謎の一軒家にて

一軒家から何者かが黒木に紙を渡す。それを読んで、「『全員合格』させてみせる。」と黒木が言う。


『二月の勝者』1巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者1巻の無料試し読みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました