二月の勝者 10巻のあらすじネタバレ

漫画 二月の勝者

全然知らない中学受験について知ろうと思い、読んだ漫画。すごくよかったです。

『二月の勝者』10巻の見どころとネタバレを書いていきます。受験情報つきです♪

『二月の勝者』10巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者10巻の無料試し読みはこちら

十一月の始動

6年生の保護者会の中で、黒木は保護者の精神面における3回のクライシス(危機)について述べる。

  1. 12月最後の模試の直前クライシス
  2. 1月受験クライシス
  3. 2月受験クライシス
11 月12月1月2月
・11月模試
・願書入手
・願書用写真撮影
・12月模試
・1月入試出願準備
※国公立受験の人は冬休み前に小学校に「報告書」を依頼
・1月入試開始(埼玉・千葉)
・願書出願
・2月入試開始(東京・神奈川)
・追加出願
・入学手続き

12月の最後の模試は、現実的に子どもの実力を受け入れる時期なので意外に肝が座るが、11月の模試は焦る気持ちが空回りする「魔」の時期

入試3ヶ月前は、「女優になってください」
と黒木はお母さんたちに言う。感情的にならず「いつもニコニコ明るい親」を演じるのだ。

小学生の受験は、親とのケンカひとつでパフォーマンスが激しく落ちる。
受験の結果はメンタルが大きい。

11月は親もミッションがたくさん。

【11月に親がやること】

  • 志望校として考えている学校の願書を入手
  • 願書用の証明写真撮影(データも購入する!)
  • 1月まで説明会はなるべく足を運ぶ

1月受験の結果と過去問の仕上がりを見て受験校のスケジュールを組み、健康管理もして、出願を全て締め切り前にすませないといけない。

「何度も襲ってくる『精神的危機』をうまくかわしながら、これだけ大変なミッションを遂行するという大役を、あなた方ならきっとやり遂げることができます…!」
とお母さんたちを励ます黒木。

十一月の宿敵

交差点でライバル塾の灰谷先生は黒木を見かけ、
「黒木先生、あなたには絶対に、負けたくない。」
と心の中でつぶやく。

それぞれの家庭にて

武田勇人(Rクラス)の家では、父が冬休みだけで10万円越えの高額な講習料金を知り青ざめる。
美容部員の母は「自分が費用を出すし、勇人は毎日勉強を頑張っている」と父を納得させる。

加藤匠(Aクラス)の家では、匠が前と随分変わって努力している姿を親が見て、
「どこかに受からせてあげたい」と願うように。

直江樹里(Ωクラス)の家では、マイペースに鼻歌を歌いながら勉強する樹里の姿を親が見て、
「あの子、あんなんでいいのかな?」と少し心配するように。

柴田まるみ(Ωクラス)の家では、頑張ってるのに成績が上がらないまるみの様子を母が見て、個別指導塾に行かせるべきだったか後悔している。

大内礼央(Rクラス)は週2回個別移動塾に行っているが、弱点強化にさらにコマを増やすことを塾から提案された。焦った母は高額のランクアップコースを申し込む。

今川理衣沙(Rクラス)も個別移動塾に行っているが、思うように成績がのびない。
ランクアップしても「さすがに今から偏差値15を上げるのは無理」と塾から言われ、キリキリする母。

山本佳苗(Rクラス)の家では、希望校の過去問を3回チャレンジしても合格最低点に10点足らず、不安で泣き出す佳苗を母は励ます。
前に保護者会で毛利光(Ωクラス)の母が「口コミで紹介してもらった家庭教師を頼んだ」と言っていたのを思い出した。

裕福な上杉海斗(Ωクラス)の家では、母が双子に家庭教師を頼むのを提案するが、二人に「カテキョはいらない」と断られる。二人は別の塾だが、それぞれ灰谷先生と黒木先生に満足している。
灰谷先生が海斗の様子をよく陸斗に聞いてくるらしく、「余計なことしゃべるなよ陸斗!」と強く言う海斗。

十一月の火蓋

生徒を褒めるのもノせるのも上手く授業を進める灰谷先生は、「一時期の黒木先生に似ている」と同僚の先生から言われ複雑。
来週末に行われる志望校別の「麻布オープン模試」に、黒木の桜花ゼミに行った上杉海斗が現れたら…?とほくそ笑む灰谷先生。

親たちは受験が近づき、各自メンタルにきている様子。
焦りから家庭教師も気になるが、他の親もライバルで誰にも相談できない。

十一月の誓願

11月上旬、志望校別ファニックスオープン模試が行われる。
結局、「麻布オープン模試」に桜花ゼミの上杉海斗は現れなかった。

海斗の母は、海斗は東央を目指していると思っている。黒木は海斗との約束を守り、母に本命を伝えていない。
海斗は塾の自習に向かう道でばったり島津順に会う。
「今時間ある?」と順に聞かれて、いっしょに神社へお参りに行くことに。

めずらしく開成オープンの手応えがなく弱音を吐く順に、つい海斗も「開成にチャレンジしたい」という本音をもらした。
二人で開成合格を願う。

十一月の一歩

11月の中旬。模試の結果が出る。
Rクラスはほとんど第一志望校の合格率80%が出せなかった。

不安な親たちから塾に相談の電話がひっきりなしにかかってくる。

黒木は佐倉先生に
「Rクラスをあなたに託します。」
と伝える。
佐倉先生も気合が入り、分析をすることに。
「今回は、A判定(合格率80%)が取れなくてよかったですね。」
と言った黒木の言葉が心にひっかかる。

十一月の漸進

漸進とは・・・順を追ってだんだんに進むこと。少しずつ進歩すること。

第一志望の鈴蘭の判定が80%に届かなかったので、面談に来た山本佳苗の母。
安全な受験に変えたいと言う。

「今後は模試の偏差値も合格判定も気にしなくていい」
とはっきり佳苗の母に伝える佐倉先生。
心が折れそうなお母さんにデータを出しながら、鈴蘭独自の対策も示して諦めないよう説得した。

十一月の混迷

生徒たちはそれぞれ合否判定に一喜一憂している。

11月の模試の結果が揃ったとこおろで、桜花ゼミナールでは先生たちの会議が行われていた。

Aクラスでは相談が5件あり、原くんと伊達くんは合判が20%以下だったので第一志望を変えたいとのこと。

Rクラスでは相談が5件あり、第二志望以降をしっかり固める話し合いで落ちついた。
大内さんと今川さんの相談はなかったことに、黒木は考えている様子。

そこへ急に相談したいと塾に現れた、柴田まるみの母。

十一月の潜行

潜行とは・・・人知れずひそかに行くこと。

陸斗は麻布が合否判定が80%で喜んでいるが、灰谷先生はまずいと感じている。

大内礼央の母は成績がイマイチなのを塾の橘先生のせいにして、冬季講習をキャンセルし、個別指導に切り替えることに。

礼央の母との電話対応がマズく、黒木に叱責された橘先生は、黒木の弱みを握ろうと夜の活動を探る。

十一月の宣戦

塾で開成の過去問をこっそり解いていた陸斗は灰谷先生に見つかった。添削の字が黒木先生だと気付いて、兄の海斗が開成志望だと気づく。

辞令を打診された橘先生は黒木に、その前に聞きたいことがあると
「黒木センセ、貴方、あそこでなぜあんなことを…?」
と尋ねる。

『二月の勝者』10巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者10巻の無料試し読みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました