二月の勝者 16巻のあらすじネタバレ

漫画 二月の勝者

全然知らない中学受験について知ろうと思い、読んだ漫画。すごくよかったです。

『二月の勝者』16巻のあらすじとネタバレを書いていきます。受験情報つきです♪

『二月の勝者』16巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者16巻の無料試し読みはこちら

一月の決壊

決壊(けっかい)とは・・・堤防やダムなどが切れて崩れること。また、守りが崩れること。

1月24日
「新宿海浜」がまさかの不合格で、前田 花恋は涙ぐむ。
お母さんは優しく声をかけるが、「勉強する」と言って、自分の部屋に引きこもってしまう。

花恋のお母さんは、塾を休む連絡を黒木にする。
黒木は、耐えている花恋の様子を聞き、静観することに。

桜花ゼミの講師たちは、情報共有。

「舞浜」も結果が出ていた。

  • 本多 華鈴(Ωクラス)○
  • 村上 一真 ×
  • 田中 利休(Aクラス) ×

橘先生は、田中 利休が心配。

2月1日 チャレンジ校 → 午前中を安全校
に変更を勧めるよう、黒木から指示される。

出典:『二月の勝者』16巻

Aクラスのもう一人気がかりな生徒は、原 秀道
練習受験はしないという家庭の方針により、秀道の一月受験校は明日の「立聖埼玉」のみ。

  • 立聖埼玉=立教新座中学校

しかし、12月の模試では「E」判定であった。

1月25日
「立聖埼玉」試験

1月26日
「立聖埼玉」結果

  • 原 秀道×

秀道のお母さんから塾に不合格の連絡がきたが、本人はケロっとしてるとのこと。

実際、午後に登塾してきた秀道は、鼻歌まじりだった。

花恋は今日も、塾を休んでいる。

夜10時半過ぎ、花恋のお母さんから塾に電話がかかってきた。
「新宿海浜」不合格から勉強にあけくれていた花恋が、お母さんの前で大声で泣き崩れた様子を聞き、黒木は安心する。

不合格の後

  • 思い切り泣くことができた子は、大丈夫!
  • 泣かない子は、入試が「自分ごと」になっていないので心配…

一月の序幕

出典:『二月の勝者』16巻

1月27日
不安要素のある2家庭に対し、保護者面談を実施。

①今川 理衣沙の最終面談

今川 理衣沙の母、紹子。

「行ってもいい」と本気で思う学校以外は受験しない方針だと言う。

黒木先生は、お母さんにリストを差し出す。
2月3日以降も受験を行なっていて、理衣沙の実力なら合格できる学校の併願プランだった。

理衣沙のお母さんは、
「受からなかったら地元の公立中に進学するだけなので、大丈夫です。」
と押し返す。

黒木は、お母さんに理解を示し、
「単純に『心のお守り』として頭の隅に置いて頂けましたら。」
と言って、なんとかリストを受け取ってもらった。

②原 秀通の最終面談

原 秀通の母、さとね。

理衣沙のお母さんと同じく、「行ってもいい」と本気で思う学校以外は受験しない方針だと押し返し、

「単純に『心のお守り』として頭の隅に置いて頂けましたら。」
という黒木の言葉も、響かない様子。

大人しく真面目な秀通の性格は内申に有利で、中学受験で満足な結果を出せないのであれば、高校受験で大学付属を狙うほうが効率がいいと判断したと言う。

しかし、それは秀通ではなく、両親の考えだった。

なんとかリストは受け取ってもらった。

2家庭とも納得いってないようで、佐倉には同じ流れに見えたが、

  • 今川さんは、「わかっていない」
  • 原さんは、「わかっているからこそ」

という点が違うと黒木は言う。

それぞれ2月決戦へ向けて

それぞれの家庭・塾でも、2月決戦へ向けて動き出している。

  • ラストの追い込みのため
  • 感染症予防のため

2月直前には学校を休んで、塾に一日中いる子も多い

桜花ゼミナールでも、入試激励会の準備をしていた。

  • 祝賀会は、全員参加しないため
  • 講師は異動辞令が出たら、受験後すぐ赴任するため

入試激励会が、6年生が集まる最後の機会

一月の壮行

1月31日
2月決戦前日に、塾にて入試激励会

大内 礼央は不参加。
前田 花恋も来ていない。

出典:『二月の勝者』16巻

算数の非常勤講師・栗田 頼子は、もう成人している元・中学受験生の娘二人と作ったお守りを人数分用意していた。
栗田先生は、娘二人の受験勉強に付き合った後、「中学受験塾で教えてみたい」と思い、講師になったのだ。

黒木先生は、そのお守りを、神社で祈祷してきた。

桂先生は、本部から届いた恒例の「必勝」ハチマキをどうするか、黒木に尋ねる。
「そういうものを頭に巻いたことは一度もありません。」
と答える黒木。
今までフェニックスで、ゲン担ぎ的なものはやらなかったのだ。
しかし、自らハチマキを巻き締め、講師たちも一体感が生まれた。

そこへ遅れて、花恋が現れた。

一月の激励

出典:『二月の勝者』16巻

「入試激励会」=「最後の授業」がはじまる。

講師たちが、生徒一人一人に励ましの言葉をかけ、栗田先生のお守り入り封筒を配っていく。

原 秀通には黒木から。
「これは、『あなたの受験』です。
『あなた自身』がどうしたいか? 自分で自分に問いかけてみてください。」
秀通は、判然としない様子。

試験会場入り口で親と別れた後、自分がひたすら磨き続けてきた武器で、自分だけ、たった一人で、戦いに向かうのは、最っっっ高にカッコイイ
と黒木はみんなに伝えた後、花恋
「あなたの『武器』はなんですか?」
尋ねる。

「私の『武器』は数えきれないほどあるけど、一番新しい「『武器』は、『転んでも、立ち上がる』力
とキッパリ答えた花恋

女王復活であった。

一月のエール

出典:『二月の勝者』16巻

封筒を生徒みんなに配り終えると、講師から一言ずつエールを送る。

(アイドルオタの)木村先生:君たちが僕にとって一番の「推し」。
いよいよ本番のステージです。全力で推し続けます…!!

橘先生:特に大きな病気や怪我もなく今日を迎えられて本当によかった!
「支えてくれて、ありがとう。」と忘れる前に、ご家族に伝えてほしい。

桂先生:「憧れ」られる場所や、人との出会いは大事で、そういった対象に巡り合えたその時には、是非、その憧れの気持ちに素直になってほしい。

佐倉先生:明日の受験を迎えられることができたなら、この先ずっと、そのことで自分自身を誇っていいと思う……!

黒木先生:皆さんが無事、試験に全力で挑めるよう、心から祈ります。

二月の前夜

出典:『二月の勝者』16巻

いつも通り子どもたちは、じゃれ合いながら帰っていった。
明日以降、全員の受験が終わるまで、ここに来ていいのは、「笑うことのできない生徒」のみ。

講師たちは、受験校応援の打ち合わせ。
桜花の生徒が受験する学校は、必ず全桜花の講師でカバーするようになっているのだ。

朝早いので、講師たちも次々に帰るが、家の遠い木村先生と黒木先生は塾に泊まる。

橘先生が残る人にと差し入れをくれたので、佐倉もいっしょにいただくことに。
佐倉は去年を思い出し、明日がちょっと怖い、震えがくると二人に吐露するも、
黒木は、
「『震え』なら今でもある。
ゾクゾクする『受験ハイ』の虜、なんですよ。」
と受験塾に勤め続ける理由を語った。

塾講師にとっても、一年で一番、濃くて、熱い日々が始まろうとしていた。

二月の背中

出典:『二月の勝者』16巻

2月1日・午前7時
佐倉は、「吉祥寺女子」の校門前へ。

通勤ラッシュの中、受験生もそれぞれ電車で向かう。

柴田 まるみは不安だったが、校門前で、桂先生・直江 樹里に会い、目に力が戻る。
「ママ、信じて…くれて…本当に…ありがとう…」
とお礼を言われたお母さんは、まるみの成長を実感し、感謝した。

二月の最高峰

出典:『二月の勝者』16巻

首都圏私立の最難関校・「開成」には、黒木先生が応援に。
フェニックスの灰谷先生もいる。

島津 順のお父さんは、こっそり応援に来ていた。
お母さんから、
「順を本当に合格させたいのなら、絶対に、絶対に!当日、会いに来ないで!」
と釘を刺されていたので、身を潜めている。
愚痴をこぼしながらもお父さんは、自分がやり過ぎたことも反省し、ここまで来たを褒め称えていた。

上杉 海斗も、お母さんと「開成」に向かう。
黒木に会い、激励を受けるが、緊張している様子。

最後お母さんとの会話で、力が抜けた海斗は、
「開成…受けさせてくれて、ありがと。」
と言って、戦いに向かった。

二月の巧者

巧者(こうしゃ)とは・・・手慣れていてたくみなこと。また、そういう人や、そのさま。

2月1日午前8時50分
塾に戻ってきた佐倉は一番乗り。

午前9時20分
木村先生と橘先生も戻り、いっしょに朝食をとる。

「日照大第二」受験↓

  • 渡辺 太郎
  • 三浦 佑星
  • 石田 王羅
  • 日照大第二=日大第二

三浦 佑星は、AM「日照大第二」・PM「園学院」
と、第一志望を午後に受けている。

これは、メンタル的に安全校を午前にして、先に合格を取りにいく作戦。
本命の「園学院」は、

  1. 2/1 PM
  2. 2/2 AM
  3. 2/3 PM

とあと3回受験可能。

佐倉は、今川 理衣沙が初手「吉祥寺女子」チャレンジのため、メンタルを心配する。

塾に戻ってきて、会話が耳に入った黒木は、
「情緒面で浸ってる時間などありませんよ。
31人、全員が同時進行なのを忘れずに。」

と言い放ち、栄養ドリンクを差し入れする。

講師たちは、午後もそれぞれの持ち場に分かれて応援に向かう。

出典:『二月の勝者』16巻

午後1時40分
「帝都大付属」では、午前に続き、またフェニックスの灰谷先生と黒木先生が居合わせた。

  • 帝都大付属=東京都市大学付属

「開成」から上杉 海斗、「麻布」から陸斗も揃い、実質、午後は兄弟対決である。

御三家は、他の学校より試験時間が長い。
午後受験が遅めに始まる難関校は、併願校として人気になる。

『二月の勝者』16巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みすることができるので、ぜひ読んでみてください。

二月の勝者16巻の無料試し読みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました