古いSEO対策に注意!間違いない情報源サイトまとめ

間違いないSEO対策の情報源Webライティング

Webライティングにも欠かせない知識のSEO。

SEOとは「Search Engine Optimization」すなわち「検索エンジン最適化」です。

検索エンジンに評価されるように、Webサイトを調整することだね

SEOは日々進化していきます。
アルゴリズムのアップデートがそれきたとなれば、SEO対策にみんなわちゃわちゃ。

しかし、SEOはブラックボックス的な部分があり、あふれる情報に惑わされないようにしなければいけません。

新しくなっていくSEO技術は、信頼できるところから情報を得る必要があります!
そこで、正しい情報源をまとめてみました。

Googleの公式より

Google

Yahoo!の検索エンジンは2012年以降は、Googleのアルゴリズムが使われています。
マイクロソフト社のBingはシェアが少ないです。

今、日本における検索エンジンはほぼGoogleというわけです。
だからGoogleのアップデードをチェックしておけば、SEO対策はオッケー◎

やっぱり本家本元の情報が一番です。

ウェブマスター向け公式ブログ

Googleのウェブマスター向け公式ブログです。

ウェブマスターとは、オンライン マーケティング担当者、ブロガー、ウェブ デベロッパー、サイト所有者などWebに関する作業をする人の総称。

「Google フレンドリー」という言葉がアメリカンな感じで好きです♪

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

ウェブマスター向けガイドライン

Googleのウェブマスター向けガイドラインです。

品質などに関するわかりやすいガイドラインを示しています。

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

と、明確に記されていています。

簡単に言うと、ユーザーファースト

Webmaster Guidelines - AdSense Help
Following the General Guidelines below will help Google find, index, and rank your site. We strongly encourage you to pay very close attention to th

検索品質評価ガイドライン

Googleの検索品質評価ガイドラインは、英語でPDFで書かれています。
175ページにもわたるので、読むのも大変。

https://static.googleusercontent.com/media/guidelines.raterhub.com/ja//searchqualityevaluatorguidelines.pdf


株式会社アイレップさんが、日本語訳にしてくれてます。↓
ありがたや〜。

https://www.irep.co.jp/press/pdf/google_general_guidelines_all.pdf

サーチコンソール

Googleのサーチコンソールは登録しておけば、個別にサイトの問題点などを指摘してくれるツールです。

Google Search Console

Google検索セントラル のヘルプコミュニティが、コアウェブバイタルのことも言及されていて、すごく参考になります。

Google 検索セントラル コミュニティ

Googleクオリティーチームや広報担当者のSNS

Googleクオリティーチームや広報担当者が、Twitterなどで公式・非公式な発表をすることがあるそう。

一社員のSNSが世界の影響に大きく関わるだなんて、Google社員はすごいですね。

海外その他

海外のSEOカンファレンス

Googleの英文の特許情報や、海外のSEOプロが参加するカンファレンスやニュースサイトが重要な情報源です。

SMX® | Search Marketing Expo & Conference Series
Join us for SMX! Expert-led training, cutting-edge content, and exclusive networking for search marketing professionals.
Digital Summit | Digital Marketing Community and Conference Series
Digital Summit conferences fill your brain and professional toolkit with thought leadership and practical solutions for your customer strategies.

プログラミングなど技術系もそうですが、Webまわりの情報は、海外の英語のほうが早くて信頼性も高いです。
検索で見つからないとき、英語で検索すればたいがい出てきます。
英語力があれば…。

国内その他

日本国内でも、SEO関連のセミナーや本、SEO情報を発信しているの人のSNSが参考になります。

ナマズさんのサイトもまとまっていてわかりやすいです。

Google順位変動とパンダアップデート、ペンギンアップデート対策情報|namaz.jp
namaz.jpはGoogle順位変動とパンダアップデート、ペンギンアップデートなどの対策情報がグラフで確認可能な無料ツールです。


2016年に出版され、今だ売れ続けている、沈黙のWebライティングはすばらしい本でおすすめですが、「SEOのためのライティング教本」としては正直ちょっと古いかも…と感じます。

まとめ

SEO技術の情報源を得るには、Googleの情報は絶対でメインにし、その他海外、国内のSEO関連情報を参考にするのがいいです。

自分の体感だと、けっこうSEOは人によって見解が違ったり、本で見たものはすでに情報が古かったりします。

バランスよく情報を入手していくのがおすすめです!

もし迷ったときには、ユーザーファーストにすれば間違いないですね。

ウェブマスター(かっこいいから言いたい)もまた、ユーザーの一員だと感じる今日このごろです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました