初心者向け格安サーバなら、さくらよりロリポップがおすすめ体験記

Wordpressと書かれた紙Web系

「ブログを開設したい」と思ったとき、方法は2種類あります。

  1. 無料ブログでつくる
  2. WordPress(ワードプレス)でサーバーとドメインを用意してつくる

私はむかーし、ホリエモンのライブドアがイケイケだった頃、livedoorで無料の日記ブログを作っていました。

そのころなんかブログが流行ってたんだよね〜


しかし、ライブドア事件が起こってホリエモンが逮捕されてしまい、livedoorのブログは存続したものの、なんだか気持ちが遠のいて、フェードアウトしました。

そんな経験があり、ブログ運営会社に左右されない
2.の 「WordPress(ワードプレス)でサーバーとドメインを用意してつくる
を選択することにしました。
ちょっと有料になるけれど、自由な土地でワクワク♪

初心者がWordPressサーバをどこにするか「格安」で選ぶ

そうなると、初心者が一番つまづくのが、サーバをどこにするかです。

ちょっと調べたり聞いたりすると、エックスサーバー が間違いないようです。
高速だし、今ならドメインもついてくる。
費用は一番安いX10プランでも、一年間で13,500円(税込14,850円)でした。(2021年1月現在)
う〜ん。

ブログ続くかわかんないし、スペックとかいいのしてもわかんない…
安いのでいいかも…

いろいろ調べ、安さを求めて、知名度も高く安心あるものが2つに絞られました!

さくらのレンタルサーバ ロリポップです。どちらも知名度も高く、老舗です。
ドメインを別にとったと考えても安い!

WordPress さくらのレンタルサーバで決定

さくらのレンタルサーバの方が手軽だし、年間の価格が低かったので、さくらのレンタルサーバにしよう、と作ることにしました。

さくらのレンタルサーバ

スタンダード 月額524円 初期費用 1,048円
年間一括 5,238円(月払いより約2ヶ月分お得!)なので、年額6,286円

ロリポップ

スタンダード 月額500円〜 初期費用 1,500円
年額7,500 円(税抜)

ハイスピード 月額500円〜 初期費用0
年額9,000 円(税抜) ※36ヶ月契約だと年額6,000円

ドメインも色々調べた結果、お名前.comで取りました。


WordPressも簡単に設置でき、あれよあれよと言う間にできあがり!

「簡単ですごいな〜とこれでいいな〜」と思っていたのですが、作った後さくらは途中でプラン変更ができないことに気付きました。

今は満足だけど、ずっとこのままでいいのかなあ・・

しだいに心配になってきました。

そこでもう一つの候補であった、ロリポップを見てみると、ハイスピードの3年契約なら値段同じ。しかもスペックこっちの方がいい。
ロリポップはプランも途中で変更できる!とあります。

さくらのレンタルサーバ

スタンダード
容量100GB 転送量160GB/日

ロリポップ

ハイスピード
容量250GB 転送量360GB/日

年額同じ値段なら(ただし3年契約)、絶対ロリポップのハイスピードやん!

WordPress さくらのレンタルサーバからロリポップに変更

ロリポップ


ロリポップのハイスピードは3年契約なら安いという携帯会社みたいなしばりはありますが、逆に払うからには3年は続けたいという思いに変わりました。
最近プランがリニューアルして、ハイスピードが新しく加わったそうです。

さくらは2週間無料期間なので、今なら変更できる!

結局、さくらのレンタルサーバからロリポップへ変更をすることに。
しかし、一度さくらで立ち上げたWordPressがうまく移行できず、調べても分からなかったので、ロリポップに聞いてみることにしました。

ロリポップは、スタンダードもハイスピードも電話とメールで問い合わせできます。
私はメールで問い合わせしましたが、返信も早く、無事解決に至りました。

さくら(スタンダード)からロリポップ(ハイスピード)に変えてよかったこと

さくら(スタンダード)からロリポップ(ハイスピード)に変えてよかったこと3点あります。

1.サーバ管理画面が見やすい

さくらのレンタルサーバ管理画面は、古めかしく業務っぽい画面です。

ロリポップは見やすく、使いやすい!と感じました。

初心者には大きなポイントです。

2.スピードが速い

さくらでWordPressの管理画面を触ってから、ロリポップに移行してWordPressの管理画面を触ってみると、速さが実感できました!

何GBとか情報見ても、全然分からん。そんな個人の弱小ブログなら変わらないだろうと思っていたのですが、速さを体感することで、全然違うと思いました、

3.プランを途中で変更できる

これは、乗り換えた大きな理由でしたが、途中で、プラン変更も可能なのは安心感があります。

さくらのレンタルサーバは、プランごとに収容サーバが異なるので、プラン変更には現在対応できないそうです。別のプランを新規に申し込んでから、データ等を移行すればいいのですが、手間とまた手数料がかかりますよね。

さくら(スタンダード)からロリポップ(ハイスピード)に変えて残念だったこと

さくら(スタンダード)からロリポップ(ハイスピード)に変えて残念だったことは2点あります。

1.モリサワのWebフォントが使えない

さくらのレンタルサーバは、モリサワの提供するWebフォントが33書体使えたところです!
サイトのイメージアップに効果的ですよね。

まあグーグルのWebフォントもありますし、いいやと思います。

2.自動バックアップが有料

自動バックアップがさくらのレンタルサーバは無料なのに対し、ロリポップはオプションで月額300円かかります。

まあWordPressのバックアップ用のプラグインでバックアップできますし(「BackWPup」など)、いいやと思います。

まとめ

WordPress立ち上げ時、格安サーバなら同じ500円という月額で性能がすごくいいロリポップがおすすめ!

ただし、月額500円となるのは3年契約という注意点あり。

私の時にはなかったのですが、ドメインをムームードメイン で一緒に申し込みすれば、ドメインの新規取得・更新が無料になるサービス『ドメインずっと無料』というのができたのですね。

出典:ロリポップHP

はじめ、さくらで立ち上げたので、お名前.comで取っちゃったけど、この『ドメインずっと無料』はうらやましい〜!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました