Switch桃太郎電鉄2020☆地図学習のすすめ

桃太郎電鉄子の教育

今年のサンタさんは任天堂スイッチのソフト、桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~でした!

それから、毎日家族で桃鉄やっております。

3年だと45分で、ちょうどいい感じ

本当に買ってよかった(いや、サンタさんありがとう)ので、メリットをご紹介します。

桃太郎電鉄とは

桃太郎電鉄とは日本国内のすごろくゲームです。
基本電車移動で、サイコロをふって日本全国を駆け巡ります。カードや目的地から一番離れたプレイヤーにとりつく“貧乏神”などが盛り上げてくれます。鉄道会社の社長になって、全国の物件を手にいれながら、総資産日本一になったら勝ち!

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~は「桃太郎電鉄シリーズ」の新作です。4年振りにNintendo Switchに登場したそう。フレンドとインターネット通信でオンライン対戦ができます。

グラフィックも綺麗になったね〜

Switch桃太郎電鉄のメリット

桃鉄メリット1:日本の地理が身に付く

実際の日本の地理が舞台なので、土地名も本物。遊んで楽しく地理が覚えられます。
息子は鉄道好きというわけではないのですが、このSwitch桃太郎電鉄のおかげでだいぶ覚えられるようになりました。

私自身もけっこう知らない地名があります。一方、よく知ってる地元の方面は通り過ぎるだけで嬉しいです。
土地名だけではなく、その土地の名産品なんかも出てくるので勉強になります。
たまに貧乏神からの地理クイズなんかも出たりと、おもしろいです。

そして、桃鉄するとき手元に置いて、オススメなのがこちら。

旅行ガイドブック 「るるぶ」が基の子ども向け地図帳です。三男一女を全員東大理IIIに合格させた「佐藤ママ」こと佐藤亮子さんも推薦しています。

桃鉄がリアルに感じられて想像性も深まるし、単にゲームで「ここってどこだっけ?」「どこが近いんだろう」みたいなのが一目瞭然で確認できていいです。

こちらも買っちゃいました。マンガもあって楽しいし、壁に貼って使える大判地図ポスター(都道府県MAPと日本の交通MAP)が付いているので、桃鉄が捗ります♪


また、るるぶ 地図でよくわかるシリーズは世界編もあります!
世界編の桃鉄もあったらいいなあ。時間かかりすぎかな。

桃鉄メリット2:経済感覚が身に付く

目的地はその都度変わり、到着が1位だと賞金がもらえますが、総資産が最終的に増やすのが目標なので、ところどころの駅で物件を買って利益を得る必要があります。

利率ってなに?

ってとこから始まり、3月に決算を迎えてグラフ表示があるなど、経済観念が身につきます。
借金になると手持ちの物件を売ります。農林物件は売却されないため、資産として残るなど「へえ〜」となります。

桃鉄メリット3:計画性が身に付く

はじめに設定する限られた期間の中で、どのようにさまざまなカードを使い、お金を増やしていくか計画を立てられるようになります。

“貧乏神”がついてしまっても、他のプレイヤーを通り過ぎるとなすりつけられるので、そこら辺も肝に!

交通手段は、基本電車ですが、ヘリ飛行機などもあるので、どう目的地まで向かうか頭を使います。

まあ計画もイベントでなくなっちゃったりするんですけどね!

キングボンビーとかね。それもまたおもしろさ!

またそこからの計画の立て直しが必要になります。

自分の持ちカードだけでなく、他のメンバーの持ちカードにも留意する必要があり、けっこう計画を練ることになります。カードの種類もたくさんなので、イベント盛りだくさんです。

桃鉄メリット4:コミュニケーションが取れる

すごろくというわかりやすいゲームなので、家族や友達みんなでコミュニケーションがとれます。

Switchの桃太郎電鉄はオンラインでもできますが、いっしょにその場でやることで、駆け引きなど会話もでき、コミュニケーションができます。

いっしょに手を組んで、1位のパパを引きずり下ろそう

おう!いいね

イベントもたくさんなので、毎日やっても飽きません。

まとめ

Nintendo Switchの桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~は子供の教育にも有用です!
さまざまなメリットがあります。

  • 一番メリットは日本国内の地理が覚えられる→いっしょに子ども向け地図の学習本を手元に置くといい!
  • 資産を増やすという経済感覚が身に付く
  • ゲームの中で頭を使い、計画性が身に付く
  • ゲームでみんなとコミュニケーションが取れる

近くのショッピングセンターでは、この桃鉄ソフトが売り切れでした。

コロナでなかなか旅行や外にも行きづらいので、ぜひお家で楽しく、みんなで学習してください♪
桃鉄おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました