【子供のズボン膝が破れたら】超簡単!ズボラ補修方法

ミシンの縫うところ家事

お母さーん、こけてひざ破れた〜

と帰ってきた小学生の息子。

破れたズボン

おお…この前おろしたばっかのおニューのズボンやないか…

悲しいですが、新しいズボンをすぐ破いてしまう、男子あるあるですよね。
レギンスタイプはこけたらアウトですね。
でも大丈夫!ズボラの私があみ出した、超簡単ズボンの膝の補修方法をご紹介します!

超簡単!子どものズボン膝の補修方法とは

ズボラの私があみ出した超簡単子どものズボン膝の補修方法とは、
ズバリ!サイズアウトのズボンのポケットを膝に張る方法です。

では、方法をご説明します。

1:サイズアウトしたズボンの後ろポケットを切り取る

ポケットの部分って丈夫なんですよね。
周りもぐるっとしっかり縫われているので、切るだけで、ほどける心配がありません

しかも膝にちょうどいいサイズ!

サイズアウトしたズボンの後ろポケットを、ハサミでチョキチョキ切り取ります。
ざっくり切ってから、微調整で周りをきれいに切ればOK。

これをひっくり返して、裏のポケットをチョキチョキ。

2:切り取ったポケット裏に「裁ほう上手」を塗る

そして、私の愛用する秘密兵器の登場です。

ボンド裁ほう上手

針や糸がなくても簡単に裁縫ができる画期的な接着剤です。

「これでカバンを作った」という強者ママ友もいました。

これを切り取ったポケットの裏に適当に塗り塗りします。

3:破れた膝にポケットをくっつける

塗り塗りしたポケットを破れた膝に狙いを定めて、えいやっと貼り付けます。

そして、その上からアイロンをかけると強力接着になります。

裏地をしていないので、ズボン筒がはみ出たボンドでひっつかないように、接着したら早めに筒は足が通るよう剥がしておきましょう

ハイ完成!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
子供のサイズアウトのズボンのポケットを切り取って膝に張るだけなので、幼児の図工くらい簡単ですよね。

一般的には、裏地に布を押し当てて補修するパターンだと思いますが、ひっくり返してめんどくさいし、履く時に突っかかって剥がれそうでこの方法がしっくりしました。
ポケットのデザインも可愛いです。

何より超簡単!!

ぜひ、お子様のズボンがサイズアウトする際には、後ろのポケットを確保しておきましょう。
方膝ずつポケットが違っても可愛い♪

そしてボンド裁ほう上手はスボラの私にとって神。いつもお世話になり、ありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました