【年賀状】宛先不明で返ってきたら。再送ハガキ料金は?交換?

ハガキを手にしている家事

年賀ハガキを出したら、宛先不明で何枚か返ってきてしまいました。

あれ? 正しい住所書き直したら、また出せばいいのかな?

と、わからなくなったので、調べてみました。
結論は以下のとおり。

  1. 「事業所からお返しした理由」の欄を二重線で消去し、必要に応じて正しいあて先・住所・氏名を記載してください。
  2. 表面の見やすい所に赤い文字で『再差出』と記入してください。
  3. 再度切手を貼付して事業所に差し出してください。

出典:郵便局HP

再送するのに3ステップもあったとは!!

年賀ハガキを宛先不明で再送するのに3ステップ

1.二重線で消す

まず、郵便番号あたりに印鑑で押されている「あて所に尋ねあたりません」というのを二重線で消す。何色でもよさそうです。そして、正しい住所などを記入。

2.赤い文字で『再差出』と記入

そして、再差出と見やすい場所に赤色で記入

囲みがあってもなくても。要はわかりやすいようにですね。

3.新しく切手を貼付して投函

最後に、ハガキなら63円(2021年1月現在)また切手を貼り直して出す。

切手代またいるのか〜。まあ郵便屋さんが運んでくれた労力があるもんね。
いつもありがとうございます!!

年賀状は消印なくても、再送時、切手代が必要

予備ハガキがあれば再送よりも、新しく書いて送る方がいいかも

事業所の過失によって返還された場合は、該当事業所にご連絡すれば、無料で配達してくれるそうです。まあ向こうのミスならそりゃそうですね。

しかし、再度二重線引いて書き直し、切手も貼り直した年賀ハガキをまた送るのは、相手に失礼な気もします。

私は、今回予備に何枚か印刷していた年賀ハガキが残っていたので、もう新しいものに書き直しました。

そして、宛先不明で返ってきたハガキは、書き損じはがきとして、小額の手数料を支払うことで、切手やはがきなどと交換することができます!

書き損じはがきなどの交換手数料

郵便切手・通常はがき1枚につき 5
往復はがき・郵便書簡1枚につき 10
特定封筒(レターパック封筒・スマートレター封筒)1枚につき 42
10円未満の郵便切手や郵便はがき合計額の半額
出典:郵便局HP

5円だったら、書き損じで新しいのでもいいかな〜と思います。

うちは1月15日のお年玉年賀はがきの当選結果をチェックしてから、郵便局行くついでにまとめて交換してもらっています。

切手は郵便局からの荷物の郵送などにも一緒に使えるし、最近はハガキを使うシーンが少ないので切手を交換してもらう方がいいかもですね!

まとめ

年賀状出して、宛先不明で返ってきたら、再送ハガキ料金は必要!

  1. 「事業所からお返しした理由」の欄を二重線で消去し、必要に応じて正しいあて先・住所・氏名を記載
  2. 表面の見やすい所に赤い文字で『再差出』と記入
  3. 再度切手を貼付して投函

年賀状の予備が余っていたら、書き直して出し、5円払って切手やハガキに交換してもらう方がいいかもと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました