はやみね かおる『めんどくさがりなきみのための文章教室 』感想

本と眼鏡とカフェラテ

まず、タイトル『めんどくさがりなきみのための文章教室』に惹かれました。
なんて私にぴったり!

対象は子ども向けな感じ。
だったら尚更読みやすくて、私向けじゃないか!

作文苦手な小学生の息子にも読めるかな、と思いましたが、内容は中学生以上向けな感じでした。

出てくる主人公も中学生です。

作文苦手な中学2年生の「文岡 健」(文を書けん)くんが、10万回くらい生きたおしゃべりなぽっちゃり猫に出会い、文章が上達する方法を教えてくれる。

といったなんかどこかで聞いたことありそうなストーリーです。
ギャグっぽいので読みやすい。

でも、文を書く大切なエッセンスが満載だったので、ブログを書くのにもとても勉強になりました。
そのエッセンスをまとめたいと思います!

作文は2種類ある

  1. 気持ちを書く作文
  2. 出来事について書く作文

と大きく2種類あるそうです。

気持ちを書く作文の書き出し

正直な気持ちを書く → その理由を説明

出来事について書く作文の書き出し

事実を書く → おきた出来事を順に

文章力アップのためには

読書をすること

読書をするためにいい文を知ること、まあ納得です。
楽しんでというのがポイントですね。

読書の時の4つの視点

  1. 登場人物なんでこんなことしたの?なんでこんなこと言ったの?
  2. 記憶に残ったのは?その場面どう感じた?
  3. もし自分が登場人物だったらどうする?どう感じる?
  4. 作者はどんな人だった?

この4つ目の「作者」について考えるのが、読書に関係なさそうで意外に思いました。
確かに作者がいつ生まれて、どんな経験をしたのか、とか考えるのは深い考察になりそう。

毎日少しでも書くこと

好きな本を写すのもいいそうです。

書けないならテンプレでもOK!

読書感想文テンプレート

■なぜこの本を読んだか
■あらすじ
■感じたことや心に残ったこと&その理由1〜3
■いくつかあげたことをまとめる

上手な文章を書くには

五感を使って文章を書く

いわゆる五感とはこちら。

  1. 視覚
  2. 聴覚
  3. 嗅覚
  4. 味覚
  5. 触覚

自分が何を感じているのか、意識することが大切!

気持ちを記号にしてから書く

言葉以外の方法を考えてみると、深く考察できるそうです。
心理学のテストみたいで、深いですね。

たくさん書いた後、削る

伝えたいところを残す、ということですね。
短い文にしようと思うと、本当に書きたいことが書けます

作者の「はやみね かおる」さんとは

本の後半は、小説を書くコツをいろいろ教えてくれました。

存じ上げなかったのですが、小中学生にすごく人気の児童書作家だそうです。
『名探偵夢水清志郎』シリーズや『都会のトム&ソーヤ』シリーズが人気なんだとか。

三重県生まれで、元々小学校の教師だったそうです。

それを聞いて納得です!

本の中で、感動する体験をするために

  • 人を好きになってみる
  • 小説やマンガ、映画やドラマをみる
  • 何かに熱中する

ということをあげていてました。

確かにその通りだなあ。すごいいいこと言うなあ

熱い言葉に先生っぽさを感じていたからです。

「めんどくさがりなきみのための文章教室」まとめ

文章教室という実用書でありながら、子ども向けとあって、スラスラ読みやすく、作者の「はやみね かおる」さんの子どもに対する愛情のようなものが感じられました。

ドラえもんのような楽しい主人公と猫の掛け合いストーリーで、ラストには救われたような気持ちも心を動かされました。
さすがですね。

私は、本の中に出てきた
文章には、書いた人の特徴が表れる。
いろんな書き方があって、正解はない。

という言葉が印象に残りました。

文を書くことに自信もないけれど、これからも自分なりに書いていきたいと勇気づけられました。

そして「はやみね かおる」さんの本をまた買って、小学生の子どもと読みたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました