「Kindle キッズモデル」は大人も使える。解約方法は

「Kindle キッズモデル」は大人も使える。解約方法は子の買いもの

小学3年生の息子に「Kindle キッズモデル」を買ってから1年です。
1年使ったレビューと、1年間読み放題のAmazon Kids+ (FreeTime Unlimited)が自動更新する前にやめる、解約方法をご紹介します。

「Kindle キッズモデル」とは

子ども向け読書のためだけのデバイスです。
Kindle キッズモデルとうたってますが、本体はKindle本体 (第10世代)です。

Amazon.co.jp: Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB ブラック 電子書籍リーダー: Kindleストア
Amazon.co.jp: Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB ブラック 電子書籍リーダー: Kindleストア


それに、1,000冊以上の子ども向けの本を1年間読み放題のAmazon Kids+(FreeTime Unlimited)がついており、
さらに、2年間壊れても無料で取替えの保証がついています。

対象年齢6才以上です。
カバーは4種類選べて、取り外しも可。
容量は8GB
ゲーム、動画、広告などは一切なく、読書に集中できます。

まとめると

「Kindle キッズモデル」は、Kindle本体+1年間読み放題+2年間保証+カバー

「Kindle キッズモデル」を買ったきっかけ

緊急事態宣言が出て、休校になったのがきっかけでした。
家でやることがないし、本でも読ませたいなあと思ったら「Kindle キッズモデル」を発見。

子供のために本はいくらでも買いたい気持ちはあるものの、スペースの問題もあり、そんなに本も買えません。
Kindle キッズモデルの価格は1万くらいですが、1000冊以上も読み放題なんてすばらしい!

しかも、説明を見ていたら、読み放題の中に『名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン』を発見。

コナンが好きな子なので、全巻購入を迷っていたものだったのです。

おお、こりゃお得!

と購入を決意しました。

「Kindle キッズモデル」残念だった点とよかった点

残念だった点

日本史探偵コナンが1巻だけだった

買う大きなひと推しとなった、『日本史探偵コナン』が全巻あると思いきや、1巻だけでした。
“Kindleキッズモデルでお楽しみいただけるAmazon Kids+のラインナップを一部ご紹介”しか見れないのでわからないです…。残念でした。

Amazon Kids+のラインナップ紹介はこちらから見れます↓

ちょっと読みにくい

画面の解像度とコントラストが低い

解像度が167ppiです。ちょっと低め。

小さい

本体サイズが162 mm x 119 mmと、文庫本サイズくらい。さらに画面サイズは約123mm x 90mmとさらに小さくなります。
子どもが読むには小さいです。

カラーじゃない

ディスプレイは、カラーではなく16階調グレースケール表示です。
カラーじゃないと、活字ものはいいけれど、イラスト系は見にくいです。
子ども向けの本はカラフルなものが多いので、読みにくいと感じるものも。

よかった点

いろんな種類の本に触れることができる

キンドルの画面例

いろんな種類の本に触れることができるのは、1000冊以上もあるキンドルの1番のメリットです。
お目当ての『日本史探偵コナン』は残念ながら1巻だけでしたが、有益でお気に入りの学校では教えてくれない大切なことシリーズがたくさん入っていてよかったです。

他も、本人の好きなように選ばせていましたが、普段は手にとらないようないろいろな種類を読んでいました。

Amazon Kids+ラインナップも増えたりするので飽きないです。

語彙力アップ

ふりがながあります。マンガにもです。
活字の本もちょいちょい読んでいたので、語彙力アップにつながったと思います!

持ち運びにいい

画面サイズが小さいのは残念だった点に上げましたが、持ち運びにはコンパクトで便利。
お出かけ時にカバンにぽいっと入れておくと、待ち時間が長くても読み放題なのでいいです。
毎回お出かけ時には手持ちの本を2、3冊持って行ってたのですが、重かったんですよね〜。

自動更新する前にやめる解約方法

自動更新をやめたわけ

上記の残念だった点を考慮しても、1年間ぶんの価値はあったと思います。
1年間のAmazon Kids+、年間11,760円相当、プライム会員は年間5,760円相当です。
しかしながら、1年間の使い放題期間終了後は、月額980円、プライム会員は月額480円

それはちょっともういいかな〜。
普通のキンドル端末としても使えるし、普通に使おう!

とAmazon Kids+の自動更新はやめることにしました。

ちなみに、同じ8GBで広告なしKindleでも価格10,980円です。

ということはKindle キッズモデルと同額なので、大人用に買うのでもキッズモデルの方がお得です!
広告ありだと8,980円で2,000円ほど安くなります。

自動更新する前にやめる解約方法

Amazon Kids+ (FreeTime Unlimited)自動更新をOFFにする際は、カスタマーサービスに問い合わせる必要があります。

カスタマーサービス年中無休・24時間対応です。

今すぐチャットをはじめる]ボタンを押します。

すると、AIチャットボットで進んでいきます。担当につながって
「Amazon Kids+ (FreeTime Unlimited)を自動更新OFFにしたい」
と伝えるとすぐ解約できました!

電話で、Amazon.co.jp カスタマーサービスに連絡してもOK。
  フリーダイヤル  :0120-999-373
  携帯電話からの番号:011-330-3000

早めにOFFにしても、もちろん1年いっぱい使えますので、忘れないよう早めに解約しておくといいです。

引き止められることはないですが、やめるのは少し面倒ですよね…。
初期設定が、自動更新となっているので、Kindle キッズモデルをプレゼントするのも要注意です。

まとめ

  • Kindle キッズモデルは活字が好きな子にはおすすめ。
  • 1年間限定と考えても元は取れるし、その後もKindle端末として使えるので大人が使うのでもお得。
  • Amazon Kids+ (FreeTime Unlimited)のサブスクが自動更新になっているので、カスタマーサービス問い合わせでOFFにする必要がある。

やはり紙の本の方が手にとりやすいと感じました。子どもにキンドルをメイン使いにはしにくいですね。

カラーがいいのであれば、Fire HD 10 キッズモデルという手もありますが、こちらは低学年向けで高価だし、本より動画やゲーム使いになりそうな感じ。

小学校高学年以上であれば、ずっと使えるKindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedでいいかも。

数千円高いですが、300ppiの高解像度で、防水なのがいいですね。

まあ自動更新OFFした後も、Kindle Unlimitedでバンバン使おうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました